keyboard_arrow_right
振袖を購入するメリット

振袖を購入するメリット

結婚後も着れる!振袖を購入するメリットとは

振袖は成人式の他には結婚式に呼ばれたとき程度しか着る機会がないため、購入するよりもレンタルを選ぶ人が多いです。しかし振袖は購入することによって大きなメリットを得ることもできるものなのです。

振袖を購入するメリット

振袖を購入するメリットは、その人にぴったりとあったものを選ぶことができるという点です。レンタルではどうしてもサイズが画一化されてしまいますので、身長が低い人や高い人などは自分のサイズに合うものを選ぶことは難しくなります。その点、購入ならば自分の体型にあったものを選ぶことができます。気に入ったデザインでもレンタルでは返却が必要ですが、自分の気に入ったデザインを手元に置いておくことができるという点も、購入のメリットだといえるでしょう。また、結婚式などで振袖を着る機会が多いことが予想される場合には、必要なタイミングで毎回レンタルを行うよりも、購入してしまった方がトータルで考えると費用が安くなることもあります。

リメイクすることもできる

振袖を購入した場合に出来るのが、リメイクという方法です。近年では和装での結婚式を選ぶカップルも多いのですが、その時にも成人式用に購入した振袖をリメイクして、花嫁衣装として利用するという方法を取ることもできます。結婚した女性は振袖は着ないものですから勿体ないと考える人もいるかもしれませんが、実は振袖は袖の部分を短くすることで訪問着として仕立て直すこともできます。振袖によっては、最初からその人の年齢やイベントに合わせてリメイクすることができるように、袖の部分のデザインが工夫されているものも多くあります。
振袖は結婚するまでのもの、というイメージがありますが、購入したものならば結婚してからであっても、十分に使うことが出来るものなのです。

レンタルよりも安いことも

これでもやはり、振袖はレンタルをしようという人もいるかもしれません。しかし振袖によっては、購入の方が安いというケースもあります。特に新作振袖や人気の柄のセットの場合、購入するよりもレンタルの方が高額になってしまうことも少なくありません。「振袖は購入するよりもレンタルの方が安い」という思い込みは捨てた方が良いといえます。
購入かレンタルか迷う場合には、自分がどの程度振袖を着るのか、そして結婚後も使って行きたいのかどうかを考えておくと良いでしょう。自分が気に入った振袖があった場合、気に入ったものならば何度でも着ようと思うこともありますので、購入してから活用していく方法を考えるのも一つの方法ではないのでしょうか。