keyboard_arrow_right
振袖の購入するタイミング

振袖の購入するタイミング

振袖を購入するのは何歳でもいいんです

新成人の女性が成人式で着るイメージが強い振袖ですが、未婚の女性であれば振袖は何歳でも着ておかしいことはありません。アンティーク着物で振袖が見つかる事もありますし、気になるものと出会ったら購入を考えましょう。

振袖のイメージはひとつじゃない

振袖は、やはり成人式で着るイメージが強いでしょう。最近は洋花をあしらった現代風な柄が人気があるようですが、昔ながらの古典柄も根強い支持があります。お祖母さん、そのまたお祖母さんのお下がりがあるなら、現在よく購入される柄と違い、重厚感がありながら愛らしさも残る粋な柄に心惹かれる事もあると思います。
新成人の、二十歳を迎えた女性なら若々しく派手な柄が似合いますが、もう少し色も柄も落ち着いた振袖もありますから、自分が成人した後、未婚のうちは結婚式に着て行けますし、結婚した後でも袖をカットするとなどして仕立て直し、自分で着たり、また娘が生まれた時に受け継ぐこともできます。次世代へ受け継がれていくのも振袖の醍醐味です。

振袖の購入先は

振袖の購入は、呉服屋さんを一番に思い浮かべるかもしれませんが、それだけではありません。リサイクルの着物屋さんや、骨董市などでも振袖が売っている場合があります。骨董市はたくさんの貴重な骨董品があり、お宝が見つかる事もありますが、アンティーク着物もその一つです。運が良ければ、明治や昭和初期の珍しいアンティークの振袖が見つかるでしょう。アンティークの振袖は、明治、大正の家柄の良い若い女性が普段着として着用していたものなので、「ハレの日」のためではない、「普段着」な趣があります。
振袖に興味があるし憧れているけれど、もう二十歳を越えているしちょっと恥ずかしい、と思う人でも、アンティークの振袖は派手さはなく、現代の大人の女性が着ても違和感を感じないものです。

振袖を着てどこへ行けるか

お気に入りの振袖を購入、あるいは誂えたら、さっそく着てお出かけしましょう。とは言え、やはり振袖は礼服なので、どこへでも着て行けるという訳ではないようです。
一番ふさわしいのはやはり結婚式、披露宴でしょう。色とりどりの振袖は、ドレスやタキシードの中でひときわ目を引きますし、華やかさを演出してくれます。また、日本の民族衣装である着物、振袖は外国人にとても喜ばれますので、海外のゲストが集まるパーティへ着て出かけるとそれはちやほやされるでしょう。
反対に、友人との気軽なランチ、お芝居観劇、歌舞伎座などは、ちょっと大袈裟なお洒落と見なされ、浮いてしまう可能性が高いです。また振袖とはその名の通り、袖が振れるほど長いものなので、動きの制限されがちになってしまいます。やはり華やかさを求められる場所へ、颯爽と着て行けたら素敵ですね。