keyboard_arrow_right
振袖を購入する時のコツ

振袖を購入する時のコツ

振袖を購入するなら知っておきたいこと

振袖は決して安いものではないため、購入するというのであれば慎重に選びたいものです。良い店舗や自分に似合うものを探すためには少しコツがいるため、後悔しないためにも覚えておくと良いでしょう。

良い店舗の見分け方

振袖を購入するためには、信頼できる店舗に行くのが一番です。
そのためにはまず、店員さんと話をしてみるのが良いでしょう。慣れていないと物の名前などがわからずに、疑問があったとしてもうまく表現できないこともあるのですが、優秀な方なら漠然としていても察してくれる場合が多いです。また、こちらの希望を聞いてくれるのかどうかも重要で、高いものや逆にセール品ばかりを持って来るようなら他を検討しておくことをおすすめします。それから振袖だけでなく小物や履物などトータルでコーディネートしてくれる店員さんがいる店舗なら、初心者でも戸惑わなくてすみます。
知り合いに振袖を買った店舗の評判を聞くのも良い方法なので、相談してみましょう。

流行りは意外と大切です

基本的には自分が良いと感じた振袖を購入しておけば良いのですが、今年の流行りを知っておいて決して損はありません。
洋服と同じように振袖にもその年によって人気の柄や色があります。そのため成人式などを覗いてみると、同じような格好の人たちで溢れることになります。もちろんそれが嫌ならあえて流行りの振袖を避けておいて構いません。ただ、一つ前に流行った振袖や明らかに異質な雰囲気のものを着ていると目立ってしまうのは間違いないです。そのような事態を好まないのであれば、振袖を販売している店舗に行ってパンフレットを見る、あるいはファッション雑誌の表紙に載っているものや、特集が組まれている振袖を参考にしておくと良いです。

後悔しないために

とにかく試着するのが振袖の購入する際に失敗しないための最大のポイントだと言えます。
そしてその時にはいくつか気をつけたいことがあるのですが、その中の一つにできるだけ本番と同じようにしておくということが挙げられます。というのも、普段と同じメイクや髪型で試着して似合っていても、当日は美容院でセットして、いつもよりも派手めなチークを入れてマツエクをすると明らかに見た目が変わってしまい、振袖と合わない可能性があるのです。
そこで振袖を試着する時にはメイク道具と、髪の毛を上げられるようにヘアピンを持って行きましょう。補正下着をつける予定ならそれも忘れずに着ていきたいです。加えて照明の関係で同じ色でも見え方が変わるため、いろんな場所に立ってみて、本当にそれで良いのかを確認しておきましょう。

仕立上がり品以外は、原則、未仕立ての状態でお届け致します。 お手元で品柄を確認後、仕立を依頼頂く場合は返送ください。 保証書により5年間、表地・帯・小物、及び仕立て・加工・付属品の品質を保証します。 定番の着物から新たなスタイルのご提案まで、貴方の素敵な着物ライフを応援します。 振袖を購入するなら【京都きもの市場】へ